クリストファー・プリースト「奇術師」

 世界ふしぎ発見をたまに見てるのですが、今日は大島さん出てましたね!! ベトナムの米文化と日本の米文化のどこに差異が生じる理由があったかを家族と語りあいつつ、ばっちり大島さんを凝視していました。

 あと、東方アレンジ、RD-Soundsさんも好きです。元々は咲夜さん曲漁ってた時に「月光照らすはシリアルキラー」で引っかかりました。殺人鬼同士の瀟洒でテンポのよい軽口の叩きあいが面白い曲です。歌い手さんが、一人二役で演じ分けてるので、そこも聞いててすごいなぁと思えます。
 それと最近のでは「ヒメゴトクラブ」にも惚れました。歌詞も曲調も雰囲気が出ています。とても百合百合しい。ここまでガチっぽさが濃いと、ジャンル初級者だと間違いなく引いてしまうでしょう。
 異能を持つ二人の、閉鎖的で情熱的な相互依存っぷりが余すことなく込められています。「密かなるは 二人のヒメゴト 終わりよどうかまだ おとずれないで」あたりから、歌ってる二人の感情のこめ方が上手いのか、すごく狂おしく聞こえます。
 そもそも秘封自体が好きなんですよね。幻想郷という世界を外から見る二人が、東方世界に厚みを与えている気がします。

クリストファー・プリースト「奇術師」
 この前ご近所の古本屋の半額セールで買い込んだうちの一冊です。ベストSFだったかで見かけた名前だったのですが、SFとしてはウェルズみたいな科学度ですかね。科学にすごく夢があって、何ができるかわくわくしていた時代の雰囲気を模した文章というか、意図的な懐古趣味? 言葉が見つからないですが、科学と宗教の合間、降霊術が流行っていた頃の、胡散臭い感じがよく出ています。
 マジシャン二人の確執を、現在、過去合わせた複数の視点で描いています。マジシャンそれぞれの手記及び手記らしきもので語られる部分は、冒頭でだまされるな、と警告された分、余計に緊張してミスディレクションされた気がします。というか、旅行中にぽつぽつ読んだせいて、小道具とか忘れて気づいてなさそうですし。
 最後現在の落ちの部分は、もう予測はついていたとは言え、ぞっとさせられました。ゴシックホラー。
 
[PR]
by mizuao | 2011-02-12 23:07 | 本(外国人・その他)
<< 恩田陸「いのちのパレード」 内田康夫「箱庭」 >>