<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

恩田陸「いのちのパレード」

 つい先日、人生において深刻な選択ミスをやらかしたことに気づきました。
 それだけは絶対にない、と思っていたからこその盲点…。
 ……………………。
 ……………。
 ………。
 ………私って、女子校の先生を目指すべきだったのではないでしょうか。

 高校の始めの頃やらされた、うさんくさげな職業適性試験(学力+性格診断)で、だいたいの職業が「適性あり」の判定の中、数少ない不適性な職種が学校とか幼稚園の先生でした。この結果は自分でも大変納得のいくものだったと思います。厳しくも優しく、悩める青少年を教え導く聖職なんて、とても私に務まるものではありません。当時の私も強くそう感じていましたし、あんなに損な職業を選ぶなんて物好きだなぁと思ってました。
 しかし、今となってはこう思うのです。青春を謳歌する女生徒達とともに学園生活を過ごし、彼女たちの幸せの礎となることができるのは、大いなる喜びなのでないかと。
 テストの点とか友人関係とか、ちょっとしたことで一喜一憂する多感な彼女たちを見守り、サポートすることで、労働の素晴らしさを感じられるのではないかと。

 まあつまり何が言いたいかというと、女の子たちのきゃっきゃうふふを、最前線で観賞し続けることができる女子校の先生って最高じゃね?ということです。
 しかしここまで考えてふと思ったんですが、女子校で先生やってる男性って何でわざわざ女子校を選んだんでしょうね?「先生のセクハラに負けない」とかいうクラス目標立てられかけたり、「イケメンは就職の面接で落とされている」とかいう失礼な噂を立てられたり、小娘たちに馬鹿にされても先生をやり続ける理由はなんでしょう?
 そりゃまあ他に就職先がない、とか、金のため、とかもちろん現実的な理由なんでしょうが、それでは面白みがありません。私は愚考します。彼らもまた私の同族なのではないかと。そう考えると、遠い存在だった先生たちの存在が、一気に親しみやすく低俗なものになりますね。

恩田陸「いのちのパレード」
 奇想ネタ短編集。長編と違って人間関係の掘り下げが少ないので、強く感情が揺さぶられたりということはありませんが、さすが恩田さん。一つ一つのネタが強烈です。
 例えば「当籤者」。国民全員参加の宝くじで、当選者のもとに通知が送られてきます。これで当選者が普通にお金をもらえるなら何の物語にもなりませんが、お金をもらえるのは当選者ではなく、当選者を殺した人、という設定。無差別で送られてくる赤紙とか恐ろしすぎますよ。自分が当選者であることを悟らせないように頭を悩ませ、考えれば考えるほど挙動不審になってしまう。疑心暗鬼に陥らざるおえないという、とてもえぐい設定です。ほんとよく思いつきますよね。これ「SGOROKU」あたりは、是非長編でも読んでみたいです。
[PR]
by mizuao | 2011-02-20 22:39 | 本(著者ア行)

クリストファー・プリースト「奇術師」

 世界ふしぎ発見をたまに見てるのですが、今日は大島さん出てましたね!! ベトナムの米文化と日本の米文化のどこに差異が生じる理由があったかを家族と語りあいつつ、ばっちり大島さんを凝視していました。

 あと、東方アレンジ、RD-Soundsさんも好きです。元々は咲夜さん曲漁ってた時に「月光照らすはシリアルキラー」で引っかかりました。殺人鬼同士の瀟洒でテンポのよい軽口の叩きあいが面白い曲です。歌い手さんが、一人二役で演じ分けてるので、そこも聞いててすごいなぁと思えます。
 それと最近のでは「ヒメゴトクラブ」にも惚れました。歌詞も曲調も雰囲気が出ています。とても百合百合しい。ここまでガチっぽさが濃いと、ジャンル初級者だと間違いなく引いてしまうでしょう。
 異能を持つ二人の、閉鎖的で情熱的な相互依存っぷりが余すことなく込められています。「密かなるは 二人のヒメゴト 終わりよどうかまだ おとずれないで」あたりから、歌ってる二人の感情のこめ方が上手いのか、すごく狂おしく聞こえます。
 そもそも秘封自体が好きなんですよね。幻想郷という世界を外から見る二人が、東方世界に厚みを与えている気がします。

クリストファー・プリースト「奇術師」
 この前ご近所の古本屋の半額セールで買い込んだうちの一冊です。ベストSFだったかで見かけた名前だったのですが、SFとしてはウェルズみたいな科学度ですかね。科学にすごく夢があって、何ができるかわくわくしていた時代の雰囲気を模した文章というか、意図的な懐古趣味? 言葉が見つからないですが、科学と宗教の合間、降霊術が流行っていた頃の、胡散臭い感じがよく出ています。
 マジシャン二人の確執を、現在、過去合わせた複数の視点で描いています。マジシャンそれぞれの手記及び手記らしきもので語られる部分は、冒頭でだまされるな、と警告された分、余計に緊張してミスディレクションされた気がします。というか、旅行中にぽつぽつ読んだせいて、小道具とか忘れて気づいてなさそうですし。
 最後現在の落ちの部分は、もう予測はついていたとは言え、ぞっとさせられました。ゴシックホラー。
 
[PR]
by mizuao | 2011-02-12 23:07 | 本(外国人・その他)

内田康夫「箱庭」

 毎度どうしようもないことですが、歯医者に行くと何となく後ろめたい気分になります。診察台に寝っ転がって、歯科衛生士さんたちに口の中を弄られていると、どこに目をやっていいのやら。こちらが間抜け面晒してる分、余計に居たたまれなくなります。

内田康夫「箱庭」
 テレビの浅見光彦シリーズが大好きです。榎木孝明さん、沢村一樹さん、中村俊介さん主演のあたりは全部見ています。浅見さんの見るからに育ちのよさそうな言動と、お約束のように罪を告白した犯人が自殺する展開が大好きです。
 と、今回山口に行くにあたり、原作を読んでみようと買ってきた本作。岩国について予習することができました。浅見さんと同じように岩国城から川を眺めてきましたが、確かに短い距離であそこまで蛇行する川は初めてでした。
[PR]
by mizuao | 2011-02-08 22:01 | 本(著者ア行)