<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宮村優子「電脳コイル 3.4」

 昼間に外に出ないせいで、いまいち夏を過ごした気がしません。そりゃもちろん蝉がうるさかったり、甲子園だったり、空気がじとっとして木の強い香りがしたりと全く夏を感じないという訳ではないです。ただ道歩いて汗だらだら流して、スポーツドリンクがぶ飲みしようと上を向いたら太陽がまぶしくて、というようなごく当たり前の自然体な夏がなかったんですよね。休みに旅行行って、炎天下汗流したりもしてみしたが、どうしても無理に夏を吸収しに行ってる気がします。20代前半最後の夏の悪あがきという感じが否めません。

宮村優子「電脳コイル 3.4」

 これの1巻読んでた頃はまだ大学生だったと思うと感慨深い。さすがに夏休みがないことに体が馴染んできました。ある程度巻数が揃ったところで一気に読もうと思ってそのまま忘れてました。3巻が廃工場の密室でヤサイサ。4巻は学校で肝試しです。
 アニメで見てた時にはあまり感じませんでしたが、4巻の怪談が怖い怖い。あっちの世界に引き込まれる系の話は後を引くタイプの怖さです。グロ系はその場ではダメージを受けるけれど、後で思い出してどうこうというものではありません。逆に心理系の話だと、人気がないところでふと思い出して、身がすくみます。思い出し硬直。
 色々なものに境界を引くのは人の性質でしょうが、現実と仮想の境界がなくなるってかなり怖いことですよね。電脳眼鏡かけて肝試しとか心臓に悪すぎます。本来だったら見えるはずがないものが、当然のように見えてしまう。カンナみたいに見えるはずのないバグを追いかけ道路に飛び出しガッシャーン、とか当然起こりうる訳です。本当はないはずの道が電脳上は見てて、そこを歩いてたら崖から落下、とか容易に殺人の道具になる電脳眼鏡。人間が犯人の無差別電脳殺人とか、無闇に家から出れませんね。犯人なしとかだと、もっと怖いホラーになれますが。
[PR]
by mizuao | 2010-08-26 00:05 | 本(著者マ行)

山田正紀「神狩り」

 岐阜やら富士山やらにちょこちょこ旅行に行ってたので、本は読んでたんですが、なかなかブログを開く根性がありませんでした。夜行列車ながらで行く格安旅、揖斐の寺の生乾き即身成仏ミイラとか、長良川の鵜飼とか、富士山雨中の行軍とか、お鉢めぐりとか、記録しときたいことはいっぱいあったんですけど、いかんせんある程度テンションが高いか低すぎるかしないと日記もどきなんて書けないものです。
 さてそれで今日のプリキュアですが、最高でしたね。いや、サンシャインが全面に出始めてから、ずっと最高ですけれども。いつきの大きいお友達に大ウケしそうな設定ににたにた笑いが止まらないい大きなお友達です。奈々さん主役を聞いてちょこちょこ見てた甲斐が本当にありました。
 今日もやたらめったら男前なところを発揮しまくってました。サンシャイン。変身シーン、髪が伸びてにこっと満面の笑みを浮かべるところとか実にたまりません。気づいたら画面の前で拳を握りしめて、えーりんえーりんしてました。正しくこの手の魔法少女アニメを見て興奮するべき年齢だった時より、今現在の方が絶対のめり込み具合が高いです。自分が気持ち悪い。
 そして朝上がりきったテンションがやっと落ち着いた夕方。親がいなくて一人だったので、おつまみ作って一杯やってた訳ですが、たまたまつけていたNHKがアニソン特集。確か先週だか先々週だか、奈々さんが出てて、両親の前でガッツポーズ決めて父親にどん引きされたっけと回想してたら、なんと初っ端から、奈々さんと田村ゆかりさんのデュエットです。しかもイノスタとリトルウィッシュ。なのは1期の組み合わせです。NHK、実によくわかってますね。またここでもTVの前でえーりんえーりん大興奮です。しかも二人の衣装が、ゆかりんピンク、奈々さん黒に黄色(黄緑)とか、ファンにとってよく配慮されてます。多分二人のリボンもちゃんと意図的に結んでましたよね。とても二人ともいい歳してするかっことは思えませんが、そんなことを忘れて盛り上がれるのがアニソンの良いところです。単にその歌単独の力だけでなく、物語全体を背負ってるというのが、あれだけの人に強く受け入れられているという理由ではないかと思う訳です。

山田正紀「神狩り」
 岐阜旅行中に読んでた一冊。主人公のとんがり具合が、初期作と言われて納得できるような青臭さです。人間で遊ぶ性悪な神に対して、言語学者がその存在に近づこうと挑む話なんですが、ここまで真っ向から神様に立て突こうという話を読んだのは初めてかもしれません。ESPだったり、神だったり、超自然に理不尽なものが出てきながら、挑む方法がスパコンというあたりがSFなんでしょうか。
[PR]
by mizuao | 2010-08-08 20:34 | 本(著者ヤ行)