<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新城カズマ「15×24 link two」

 高校の頃よく聞いていたCDを久々に聞いていました。安川加寿子さんのマズルカ第13番が大好きで仕方ありません。マズルカはこれともう一枚しか聴き比べたことがなくって、安川加寿子さんの演奏もこのショパン名曲集しか聞いてないのに語るのも大変おこがましいですが、この洒落れた間の取り方が大好きです。うろ覚えですが、フジコ・ヘミングの演奏が好まれるのは、人が思うよりほんのちょっとタイミングがずれるからだとか。確か。そうすると、安川加寿子さんのタメが私の波長ときっと合うでしょう。落ち着いているのに軽やかで、どことなくノスタルジックで。体育座りでCDコンポの前に座り込んでました。あまりピアノは好きでなかったのですが、これを聞いて以来、単に音を鳴らせるのと、弾けるということは全く別物だというのを意識するようになった覚えがあります。もう手遅れでしたけど。
 あまり物事に深く感動する質ではないので、音楽を聴いて目が潤んだのは、これとルービンシュタインのスケルツォ第2番ぐらいでした。洋楽にかぶれていた兄がCDを貸してくれるのに対抗して、ショパンのバラードとスケルツォが入ったCD貸したら、自主的にクラシックのCDを買ってくるようになったのは良い思い出です。


新城カズマ「15×24 link two」
 1巻読んでいて少しネタが薄いよなーと思っていたんですが、2巻を読むうちに気にならなくなりました。それより出来事がどんどん妙な方向にねじれていくのが楽しくてなりません。単純に徳永を助けたいだけなのに、どうしてこんなに話がこんがらがるのか。まあ徳永の自殺を見たい人とか、徳永を死なせてあげたい人とか一筋縄じゃいかない人が混じり込んでるから、事態が錯綜するのでしょうけど。語り手がどんどん変わるのに、だいたいどこで何が進行してるのか分かるのは、著者に筆力があるからでしょうね。1巻だけでは把握しきれなかったそれぞれのキャラクターが見えてきて、それも感情移入できるようになったのも大きいですね。笹浦かっこいいです。透君いい人すぎます。左右田は何らかの天罰が下ってしかるべきです。
[PR]
by mizuao | 2009-10-26 00:50 | 本(著者サ行)

新城カズマ「15×24 link one」

 2日間奈良に行ってきました。最近旅行に行くたびに、酒瓶を一本抱えて帰るのが恒例になっていまして、今回は梅酒を買ってきました。花札シリーズの梅酒。奈良公園内の酒屋さんで色々試飲させてくれて、やたら濃厚でどろっとした舌触りが気に入って買ってきました。さらりとしていることを売りにする梅酒もありますが、私はとろっとした方が好きかもしれません。舌にしつこく残る方が、梅の味や薫りが染みわたる気がします。
 そしてなんとなくその梅酒の銘柄でググっていたら、すごくネタなものを発見しました。石見銀山の梅酒。この村でいったい何が起こったんでしょう。まあ何かが起こったのは村そのものじゃなくてこの酒蔵なんだとは思いますが。「なんだお前、このラベルは!!」「父さんは古いよ。今の時代、父さんがこだわる味だけじゃ売れないんだ。俺たちが生き残るには、もうこれしかない。俺を信じてくれ。」もし観光にでも行くことがあったら、一本買おうと思います。

新城カズマ「15×24 link one」
 私が大学時代に読んで気に入った小説ベスト10には入るであろう、「サマー・タイム・トラベラー」の人の新作です。今回は今のところSFはしておらず、青春小説っぽいのと、ネット信奉者がいる辺が共通点でしょうか。「サマー・タイム・トラベラー」と比べると、ネタが薄めで話も軽めなようです。論理を理解するために立ち止まることなく、すらすらと読めてしまいます。その分スピード感はありますよね。どうやら話自体が24時間制限つき、登場人物15人が入れ替わり立ち替わり語り手になるという形式なので、事が空転して、どんどん取り返しのつかないことになっていくこの話には、この軽さがちょうどいいようです。まあ『藪の中』と同じような形式な訳で、今のところ登場人物たちのお互いに対する印象と実態のずれ具合を楽しんでいます。
[PR]
by mizuao | 2009-10-19 22:44 | 本(著者サ行)

竹宮恵子「イズァローン伝説1-8」

 なのはのエースと、ささめきことと、超電磁砲。この秋はなんてすばらしいんでしょう。なのははOP前、なのはとフェイトちゃんがくるくる回ってるのを見るだけで幸せな気分になれます。一度見てるからこそこれからの展開も見どころも分かっていて、安心して見れますし。

 レールガンは原作を知らないので不安だったんですが、黒子がいい突き抜け方をしてますね。しばらく前まで動画サイトでやってた近親百合アニメの、ストーカーを思い出します。さくちゃんにはお金の力がありましたが、黒子はテレポート能力者。クレヤボヤンス同様、変態に与えていけない超能力ベスト3には入る気がします。アニメでもシャワー室に乱入したり、下着脱がしたりとやりたい放題です。原作からして彼女が報われることはなさそうですが、笑えそうなのでそれもよし。それに見た目的には佐天さんがストライクです。

 ささめきことは素晴らしい演出ですね。スタッフさまが手の使い方をよく心得ていらっしゃいます。導入は、すみかと風間が人のキスシーンを目撃してびびるシーンでしたが、さりげなく風間の手をすみかの手に重ねるあたりがすごいです。風間は無意識で、すみかは意識して風間を見つめるとか、もう甘酸っぱすぎて初っ端から床をばしばし叩きました。あとは二人が手をつなぐところ。ここは原作もよかったですけど、やはり動きがつくと、二人の微妙な関係がよりよく分かりますよね。普通に手をつないだのを、恋人つなぎに直して、ぎゅっとして。この距離感がたまりません。

竹宮恵子「イズァローン伝説1-8」
 昨日今日と母親の実家に行ってたので読んできました。あと3巻で完結という中途半端な読み残しをしてしまいました。話は純然たるファンタジー、と思いきや若干SF要素も入ってきました。が基本的には妖精国の騎士とかと同じノリな話だと認識しました。ただの王国の跡取り争いをやるんだろうと思っていたら、魔王とか救世主とか話が広がってびっくりです。さすがこの時代の人たちです。
[PR]
by mizuao | 2009-10-11 17:33 | 漫画

「手づくりのお酒を楽しむ本」

 人さまの話聞いたりブログ見たりしてるうちに、ラブプラスがやりたくなってきました。でも通常のギャルゲどころじゃない恥ずかしさな気がします。かつてやったものは、話がすごい泣けるらしいとか、世界観が好きだからという理由付けができたんですけど、これって純粋に女の子とのコミュニケーションを楽しむゲームですもんね、きっと。私のイメージだと、ときメモとかTo Heartとかと同系統な気がします。女の子がうぐぅ言ったり、サキュパスだったり、後追い自殺したり、カタハネの人形だったりせずに、普通に学園生活を送る感じなのではないかと。
 純粋な恋愛シュミレーションをやるのはまだ抵抗があります。ヒロインが柚明お姉ちゃんボイスだったり、さくらだったりするのがどうしようもなく魅力的ですが、これに手を出したらもう私が越えられない壁はなくなるだろうというか、ここが最後の一線的な何かがあります。DSに向かって「愛してるー」とか雄たけびをあげているところを人に聞かれたら、衝動的に身投げしたくなりそうです。そもそも今手元にないんでDSをもう一台買うことから始めないといけないですし。
 でもここでDSを買うと、ストパンもできるんですよね。設定的に男子はおよびでないという、信頼のストパン。悩みます。

「手づくりのお酒を楽しむ本」
 酒に女(二次)と言ったら、もう典型的に身を持ち崩すパターンな気がしますが、アルコールもいいですよね。かれこれ6年ほど隔年で果実酒をつけているんですけど、そろそろまたやりたくなってきました。透明な瓶に赤とか黄色とか綺麗な液体を詰めて並べて、趣味で果実酒を作ってるんですぅとか可愛らしく言えば、ただのアル中一歩手前なのがごまかせるのではないかと思うのですよ。
 梅とか洋ナシとか定番だよね、と思って読んでたんですけど、目にとまったのはどぶろく。どろっと濁った素朴そうな色合いがなんともおいしそうではありませんか。濁り酒も大好きだし、今年は新米買ってきてどぶろくを作るぜ、と思ったのはいいんですけど、どぶろくってご家庭で手軽に楽しめる密造酒として有名ですよね。でもどぶろく特区とか新聞で読んだことあるし、知らん間にご家庭でも解禁されたんだろうと思いこもうとしたんですが、一応お上はこわい立場なのでググってみました。そしたら思いっきしアウトじゃないですか。
 そもそもこの本なんかずれてるなとは思ったんですよ。世に広く紹介されている果実酒ってのは、市販の焼酎とかブランデーとかに果物を漬け込んで、果物のエキスを抽出するものな訳です。リキュールですから。なんですが、この本で紹介されてるのって、基本自宅でアルコール発酵させる気満々なんですよね。ワインとかどぶろくとか…。原材料にイースト入ってる時点であれ?とは思ったんですが、もう焼酎の蒸留機とか、マジですか?と思いました。これ以上アルコール度数上げてどうするんだと。なんて素敵な本なんでしょう。全力で密造を勧めています。あまりにオープンすぎて気になりませんでしたけど、この製法で作れるアルコールって、完全に制限値を上まわりそうです。
 まあ未練はなきにしもあらずですが、うっかり社会的に不味いことになるといやなので、どぶろく作りはあきらめます。
[PR]
by mizuao | 2009-10-07 23:04 | 本(外国人・その他)

いけだたかし「ささめきこと 1-5」

 『ささめきこと』の5巻がもう発売になっていたことに気付いて買物に行ったら、途中でつっきる公園で金木犀の香りがしました。もう秋なんだなーと、毎年これで実感します。何も考えずに半袖で出かけましたけど、この肌寒い中半袖でうろうろしていると、自分がとても季節感に乏しい人間な気がしてきます。

いけだたかし「ささめきこと 1-5」
 表紙とか帯とかから『青い花』みたいなのを想像してたんですが、あれより随分コメディよりでした。とは言え、4、5となるにつれシリアスに近づき、5巻とかもう切なすぎて、もういいから救済してと思いました。主人公二人が無事お互いの気持ちに気づいたら連載終了になってしまうんでしょうが、すれ違いが拡大してこじれていくのがもどかしくてなりません。
[PR]
by mizuao | 2009-10-06 18:03 | 漫画

加納朋子「少年少女飛行倶楽部」

 今日は数年ぶりに父親の望遠鏡を借りて、ベランダでお月見をしていました。十五夜じゃなくて、敢えて十六夜で。肉眼で眺めるのも好きなんですが、望遠鏡だとクレーターの立体感がはっきりしていて素敵です。月って岩の塊なんだなーと実感できます。古くて安物の望遠鏡でこれですから、天文台とかので見たら、本当に細かく見えるんでしょうね。月以外だと、今日は木星ぐらいしか見えませんでした。それでも木星の衛星が見えておおはしゃぎです。左に1つ、右に3つ。ガリレオを思い出しましたが、木星の衛星の名前なんて、ガニメデとエウロパしか知りません。クリスマス。アシモフの短編は結構好きでした。

加納朋子「少年少女飛行倶楽部」
 名前と性格に一癖もふた癖もある中学生たちが、空を飛ぶ物語です。冒頭に飛行倶楽部の宣言書みたいなのがついてますが、それがあまりに中二で笑いました。人の真剣な夢を笑うって最低だよねと思いながら。この条件じゃあ空なんか飛べないよと思いましたが、気球という手があったんですね。
[PR]
by mizuao | 2009-10-04 23:42 | 本(著者カ行)