<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

高里椎奈「海紡ぐ螺旋 空の回廊」

 今日はお隣の猫を貸していただいて、半日ほど猫に構ってもらいました。警戒心が薄くて人懐っこいこだったので、借りてきた猫状態になることもなく、結構遊んでくれました。
 しかし猫はなぜあんなにかわいいんでしょう。小動物を見て「かわいーv」と叫ぶ女子は、自分のかわいさをアピールしてるんだという穿った見方もありますが、私はその枠には入っていないと主張したいところです。だってそういう子達は、猫がかわいいのか猫耳がかわいいのかそれが問題だ、とか悩みつつ、自らの獣耳属性について過去にさかのぼって考察を始めたりはしないはずです。しないはずです。
 どう考えても、自分のかわいさをアピールしてる女の子(本当にいるのか謎ですが)の方がまっとうだと思います。

 私の中で一番古い獣耳萌えって、どのキャラなんでしょうね。FFのジタンさんの耳としっぽを見て、ねーよwと思いつつ、ミアのために.hack//買ってみたりしてた訳です。となると境界はそのあたりか。でじことかも別になんとも思わなかったですしね。中学生くらいで綿の国星を読んだときには、そもそも獣耳という観点を持ち合わせていませんでした。まあ最近だと、獣耳でしっぽで戦う女の子たちとか最強すぎる、とストパンに心奪われていたので、今はもうその方向も手遅れなのは顕著ですが。そして全然関係ないですが、通称がストウィじゃなくてストパンなあたり、もう本当に神だと思います。あとニャリスとロリスも神だと思います。日本は多神教です。

高里椎奈「海紡ぐ螺旋 空の回廊」
 文庫待ちしていた、薬屋さんシリーズの第1部最終巻でした。秋がハルなのかどうか、完全に座木と同じタイミングでだまされ続けてましたね。四季の兄弟の方のミスリードにも引っかかってましたし。これまでの巻でちょびちょび出てた伏線が回収されて、すっきりした気分です。
 過去編の方はともかく、青伊さんちの証言崩しは上手くできてるな、と思いました。単純な探偵役でなく、結論部分とは関係のないところから話すことで、家族の崩壊を防ぐというさりげない配慮ができるあたりが秋のいいところですよね。最後の冷蔵庫いっぱいの料理と弁当の選択とか、優しい座木とそれを読み取れるまで成長したリベザルの姿も、いいなと思いました。この手のやりとりとか台詞回しとか、これを思いつく作者の方を尊敬します。
[PR]
by mizuao | 2009-09-29 22:48 | 本(著者タ行)

古野まほろ「探偵小説のためのエチュード「水剋火」」

 今朝初めてフレッシュなプリキュアを見ました。一度見なきゃなと思いつつ、さすがに大きなお友達になるのはなーと抵抗があったんですが、ついに見てしまいました。ただ今日が日曜なことに気付いたのが番組終了10分前だったんで、テレビをつけた途端にクライマックス。なんかパッションさんが巨大なタコの足に絡まれて、宙に浮いています。えっ、なに、触手!?、さすがプリキュア、おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれっ、つうかクライマックスすぎるwwと混乱していたら、せつなの仲間その一が助けにきて、ドロップキックかまして救出してくれました。さすがにあの絵面が長く続くと、教育上よろしくないですもんね。その後さらにパッションさんの旦那も駆けつけてきてくれたので、ラブの方も確認できました。さすがにもう見ることはないと思うので、このアニメの印象は主人公同棲と触手で固定されそうです。

古野まほろ「探偵小説のためのエチュード「水剋火」」
 以前に人にすすめてもらったのは「天帝」だったんですが、あの分厚さに恐れをなして、とりあえず京極サイズではなくて一般の講談社ノベルスサイズのこちらに手を出すことに。まあ、あらすじと登場人物紹介読んで、私のセンサーが反応したというのが一番大きな理由ですが…。
 陰陽師が探偵役だったり、百鬼夜行が出てきたりと、なかなかあれな感じの設定ですが、推理部分はまともでした。薬屋さんとかもそうですけど、メフィストらしいというか私の好きなタイプのミステリーです。何より助手役の主人公も、探偵役の陰陽師も女子高生というのが素敵ですよね。文章はペダンティックで装飾過剰という話だったんですが、天帝よりはこっちの方が毒が薄くて読みやすそうですね。それでも平均よりは確実にいらない文章が多そうですし、存分に煙に巻かれました。あとはしつこいくらいの主人公の妄想癖がかわいいですね。こういう女の子も大好きです。
[PR]
by mizuao | 2009-09-20 09:52 | 本(著者ハ行)

秋山はる「オクターブ 3」

 サクセスのあのチームは新作を出さないんだろうか、やっぱ青の売上はいまいちだったのかなーと思って久々に公式サイトを見に行ったら、桂ちゃんの抱き枕とかいうものを発見してしまいました。これが1008さんとか398さんだったら真剣に悩んでいたかもしれません。が、とりあえず裏面の桂ちゃんに、柚明お姉ちゃんの鼻血が垂れるさまを想像するだけですみました。

 そして歌舞伎座に行ってみた訳ですが、また今度行ってみようと思うような予想以上の面白さでした。勧進帳はだいたい想像どおりだったんですが、予想外だったのはコメディ部分が結構笑えたことです。主役が襲いくる物盗りをばっさばっさと叩き切る、という場面で、顔がそげたり、腕がとんだり、足がはねたり、と、もう笑いが止まりません。グロテスクなんですけど、演じ方がコミカルなせいで、どうしても笑ってしまいます。あとコメディ部分にしても、もっと古典的な笑いばっかりなのかなーと思ってたんですが、メタネタがあったり、突然ぽにょぽにょ歌いだした時には、どうしようかと。紅長さんの動きとか台詞回しが一々面白くって、笑いっぱなしの一幕でした。

 いろいろと面白かった部分はあるのですが、一番魅入ったのは櫓のお七の人形振りの部分です。その前が完全にコメディで、ここから上手くシリアスに頭が切り替わるかなと心配していたのですが、まず雪景色で頭が落ち着き、人形振りに入ったところで完全に飲まれてしまいました。たんに銀のテープを散らしてるだけなんですけど、光が反射して、本物以上に雪が雪らしく見えるんですよね。それに人形振りの準備をしている間に音楽の人たちも切り替わって、三味線の音が重厚になって、雪を表わすらしい太鼓の音も響き渡ります。役者さんも、表情から動きから、ほんとに浄瑠璃の人形のようで、凝視してしましました。女形に見ほれる時が来るとは思いませんでした。

秋山はる「オクターブ 3」
 単行本で一気に読むと、登場人物の変化がはっきりと見てとれていいですね。本誌も結構丁寧に読んでるつもりですが、やっぱりコミックスの方が流れが分かりやすいと思います。なんかもう節子さんがどんどん、どんどんかわいくなっていくさまに完全にやられてしまいまいた。
 あの始めの頃の、クールで何を考えているか分からない強引なお姉さんはどこに行ったの?という、すさまじい乙女さを発揮しています。今まで色恋沙汰にのめりこんだことのなかったのに、雪乃が好きすぎて、雪乃以外がどうでもよくなる瞬間に自分でびっくり、ってかわいすぎますよね。情緒不安定な節子さんも人間らしくて素敵です。大人っぽく見えても、結局20もそこそこな訳で、これぐらいで当然なんですよね。
 本誌で読んでた時には、雪乃の浮気に本当に気が気じゃありませんでした。大喧嘩して鬱展開になったらどうしようと思ったんですが、わりにすんなりと仲直りしてくれて安心しました。節子さんのクールでドライな言動で雪乃が不安になるのも分かりますから、節子さんが早々に雪乃にぶつかりにいったのがよかったんですよね。大切なことは言葉にしないと伝わらないというののいい例でした。
[PR]
by mizuao | 2009-09-19 00:06 | 漫画

あさのあつこ、福江純「近未来入門!」

 突発的にダ・ヴィンチを借りてきました。前月号です。世の若い女性がどんな本を読むのをおしゃれとしていて、出版社がどんな本を読ませたがってるのかをリサーチしようと思ったわけではなく、表紙のGLの字に目が止まったわけです。普通の雑誌でGL特集が組まれる時代になったとは…。志村貴子さんの『青い花』は今アニメ化して本屋でも平積みにされていて、と時流に乗っているんでインタビュー記事があるのはともかく、かずまこを×森島明子の対談とか、素敵な組み合わせではないですか。編集の方GJです。純粋アドレッセンスは先生がどんどんかわいくなっていく様子ににやにやしてしまいました。あのレーベルの中で人におすすめしたい作品の一つですね。
 結構な数のGL系の本が紹介されていたんですが、雑誌の傾向からか女性が好みそうな本に限定されている印象を受けました。いわゆる萌え系はなかったですね。いや、シノブ伝とかそうですかね。そういやジョジョの第6部も紹介されてました。連載してた当時、あれを百合と認識した覚えはないんですが、劇画タッチのGLとか新しいです。
 純愛とエロ、シリアスとコメディを軸に、XY平面でGL本を並べてる図とかもあったんですが、エロとコメディに最端が森奈津子さんだったのは笑いました。ですよねー。ただ林家大先生が一切紹介されていないのは腑に落ちないです。この方もコメディ方向にずば抜けていると思うのですが。

あさのあつこ、福江純「近未来入門!」
 天文学者の福江さんとあさのあつこの対談集です。科学ネタで、こんなこともできる、未来はこんなふうになるかも、といった感じで、軽くて簡単に読めました。小説家の妄想の暴走に、いかに学者が突っ込みをいれるか、 学者のネタ出しに小説家がどこまで妄想して爆走できるかというのが楽しみどころでしょうか。吸血鬼の予想図とかもあったんですが、逆三角形の吸血鬼もあれでしたけど、以前に読んだ吸血鬼=ミドリムシ説にのあたい最強っぷりには敵いませんでしたね。ネタとしては、GPSに相対性理論が使われているというのが一番勉強になりました。
[PR]
by mizuao | 2009-09-11 19:56 | 本(外国人・その他)

村上春樹「1Q84 1-2」

 今週のぬらりひょんは10回くらい読み返しました。職場で昼休みに。なんていうかもう、作者のフェティシズムに感服です。素肌で寝てらっしゃるだけで興奮気味だったんですが、黒ストッキングはいてるコマとかやりすぎですよね。なぜか脳内で「跪いてお嘗めよ 赤い爪を」が流れました。まあそれはそれとして、黒ストと言えばフェイトさんな訳ですが、もし次があるならば、是非フェイトさんがストッキングをはいているシーンを入れてください。私含めた誰かは得します。それと10月からの再放送も1月の映画も心待ちにしています。ストウィの2期もある訳で、冬は頑張れそうです。

村上春樹「1Q84 1-2」
 村上春樹で一番好きなのは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」です。と言っても、6・7冊読んだ中ではということですが。現実と虚構が混ざり合って変容して何が何だか分からなくなって終わる話は好きなので、これもなかなか楽しめました。図書館に一角獣の頭蓋骨がおさめられてるほどは響かなかったですが、空気さなぎは小道具として幻想的でした。
 天吾のパートは落ち着いて読めたんですが、青豆さんのパート、特に前半は読んでいてごろごろ転げ回りたい衝動に駆られました。海辺のカフカとかもそういやそういう感じの人出てきてたよねとは思いましたが、とても著名な方にこういうちょっと行き過ぎた女の友情的な描写を入れられると、無性に恥ずかしくなります。ネームバリュー的に、日頃本に興味がないような方々がいっぱい手に取る本な訳で、そういう標準な方々がこういう描写を見て、顔をしかめたり、ほうほうこれが小説か、とか頷いてるところを想像すると、大丈夫かと心配になります。私ごときが誰に対して何を心配してるのか訳が分からないですけど、「荊の城」がこのミスで1位と聞いた時のように、いいの?ほんとにいいの?という気分になりました。まあ日頃は百合ものと調べがついた上で読むことが多いので、今回不意打ち喰らって、ただ有頂天に動揺しただけです。そもそも青豆さんパートの中で重きが置かれている訳ではないですし、いくつもあるサブな要素の一つというだけなのですが…。何年かたってこの本のこと思い出した時、このあたりが一番印象に残ってそうですね。
[PR]
by mizuao | 2009-09-07 23:38 | 本(著者マ行)