<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

木村紺「からん 1」

 先週は久々に読書週間をやってました。上橋さんの「獣の奏者ⅠⅡ」、辻村さんの「名前探しの放課後 上下」、米澤さんの「春期限定いちごタルト事件」、あとはSF作家の瀬名さんの対談集に漫画をいくつか。上橋さんは初めて読んだんですが、さすがに授業で紹介されるぐらいで面白かったです。洞窟で蛇育てて騎乗してたり、主人公が健気で賢い少女だったりするあたり、なんとなくパーンの竜騎士の1巻目を思い出してしまいました。久々にわくわくしました。辻村さんも安定の面白さ。思春期ってこういうこと考えて生きてるんだよなーと懐かしくなります。しかしそろそろこの人の話を読むのに私の方がとうが立ってきた気がしました。瀬名さんの対談は、各方面の研究者の話を分かりやすく咀嚼してくれていて、とても興味深かったです。しかし量子コンピュータの話が前から何度読んでもさっぱりイメージできません。ノイマン型と全然違うものだってのは分かるのですが、量子の重ね合わせでなぜ計算ができるのか。カオス理論もさっぱりです。生物、地学あたりは結構簡単にイメージがつくんですが、物理はなんとなくこういうことだろうっていうのが見えてこないんですよね。文系にしといてよかったと度々思います。

木村紺「からん 1」
 樹さんの「ヴァンピール」に、「オクターブ」とか「もっけ」とか読みたいものがいくつかあったので、先月からアフタヌーンを買ってたんですが、予想外に柔道漫画に惹かれて昨日コミックスを買ってしまいました。そしたら今朝の朝日の書評で紹介されていて、奇縁を感じています。
 主人公の雅が爽やかで姉御肌で好みです。もしあんな後輩がいたら、大石先輩のようにかわいがり(半ば相撲的な意味で)したくなりそうですし、同級生だったら頼りまくって、後輩だったら憧れてるところです。肉づきもほどよいんですよね。そういう鍛え方してたら、そういう体になるだろうなというほどよい感じ。
 大石先輩の体は女子じゃありません。鍛えてるとか筋肉がつきやすいとかそういうレベルの問題じゃなくて、ホルモンから疑ってかからないといけないレベル。顔も男前を越えて漢にしか見えない眉の濃さです。大石先輩みたいに豪放磊落な人もかっこいいとは思いますが、正直ゴリラに見えてしょうがありません。百先輩の良妻っぷりと合わせてやっとちょうどいいぐらいに濃いキャラです。雅と乱取りしてるところ読んでても、感動するぐらい腰が落ちてるんですよね。体型もどっしりしていて、どこぞの先輩方を思い出します。結構実力者設定である雅の投げをあしらって潰したりしてるのに、ああこんな感じだったよなとリアルを感じました。
 
[PR]
by mizuao | 2008-11-30 20:24 | 漫画

槇佐知子「今昔物語と医術と呪術」

 ロリスのボーカルアレンジ曲が好きすぎて、昨日から聞きっぱなしです。このかすれ具合がたまりません。ここ2週間はずっと奈々さんに元気をもらってましたが。DISCOTHEQUEの”艶めくネイル”の、「や」の声がやたら色っぽくて艶っぽくて大好きです。吸い込まれそうになります。それにTricksterも好きです。というか水樹さんの詩が好きなのでしょうか。小柄な女性が「君」とか「僕」とか歌う姿を想像すると、全力でにやけます。なのは系の曲はみんなそうですね。

槇佐知子「今昔物語と医術と呪術」
 ぽつぽつと興味をひく本が眠っているので書庫もばかにならないです。今昔物語に出てくる話を章ごとに取り上げて、類例も交えて解説を加えている感じ。色々な薬草が出てきて面白いですね。
[PR]
by mizuao | 2008-11-09 18:51 | 本(著者マ行)

時雨沢恵一「キノの旅 12」

 ほろ酔いでいい心地です。アブサンも結構いいですね。ただ、飲むぞ、というときにしか飲む気にならないせいか、消費がとてもとても少ないです。自分用の酒を置くスペースが瓶1本分しかないので、正直そろそろ次のリキュールに移りたいところです。
 基本的に単体でしか飲めないのが難点なんですね。ココナッツとかベイリーズとかみたいに牛乳とかジュースで割って、日中から簡単に飲むわけにはいきません。その分今日みたいに、仕事疲れたな~、一人で暇だな~という気分の時に最適。とりあえず、氷の上にちびちび注いで、カラカラしながら、透明だった液が白濁していくのを楽しんでいます。次は角砂糖に火をつけて・・・というのをやってみようか画策しています。ああ、出雲で買ってきたしょうが糖がまだあるはずなので、あれで代用してみましょうか。この味ならジンジャー系もそこまでひどくはならないはず・・・。まあ、明日の夜も一人なので、それは明日の楽しみにとっておきましょう。
 さて、おつまみに銀杏食べてたんですけど、炒った銀杏ってなんでこんなに美味いんでしょうね。茶碗蒸しの銀杏とかは、とくに好きでもなかったんですが、炒った銀杏はギガうまです。独特の匂いも苦味もねちょっとした歯ざわりもみんな好きなんですが、何より炒ってまだ熱いうちの翡翠が、神々しいまでに美しいです。やっぱ食べ物って見た目も大事ですよね。透明感のある翡翠といったら、もう非の打ちどころもありません。殻の下に隠れた薄皮の銀色もとても美しいです。メタリックな銀ではなくて、植物的な銀。木の枝の新芽の色なんですよね。アンティークっぽい、優しい銀色です。まあ、アブサンのおつまみにするにはどうなんだろうと自分で思いましたが。
 次は、さっき削ったイタリアで買ってきたチーズで、チーズオムレツでも作りましょうか。うん、そうしよう。冷蔵庫に生ハムあるわよ、とか電話で言ってくる母親は、確実に私にアル中になることを推奨しているように思えます。

時雨沢恵一「キノの旅 12」

 最近のキノの中に、百合要素があると聞いてバカのように買ってしまいました。ものの見事にはずしました。この巻ではなかったようです。しかし、キノを読むのもいつ以来でしょうか。学園キノとかは他人に借りて読ませてもらったりしてたのですけど。きっと中高生ぐらいだと、この淡白さと距離感がたまらない時があるんでしょうね。キノを読むたびに星新一を思い起こすのは、私だけでしょうか。
[PR]
by mizuao | 2008-11-01 21:45 | 本(著者サ行)