<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

荻尾望都「左手のパズル」

 明日から母の実家です。母が成田山まで着物で初詣に行くと張り切っているので、私まで巻き込まれないか不安でしょうがありません。

荻尾望都「左手のパズル」
 絵本です。ただし文が萩尾さんんでイラストが別の人なんで、なにか変な感じがします。耽美な絵柄なんで、話そのものとは違和感がありませんが。話は24年組の一言で説明できそうです。
[PR]
by mizuao | 2007-12-29 22:36 | 本(著者ア行)

田中芳樹「水妖日にご用心」

 そろそろレポートを書き始めないと痛い目を見るのは分かっていますが、なかなか動く気になりません。なんだかんだで外に出ている日も多いものの、ほとんど食っちゃ寝を繰り返しています。最後まで悔いの残らない学生生活を送りたいものです。

田中芳樹「水妖日にご用心」
 ドラよけお涼のシリーズ何作目になるんでしょう。中学の時に読んでた覚えがありますから、このシリーズとも長い付き合いです。今回は安倍内閣とディズニーランドを弄ることに決めたらしく、さんざん両者をおちょくってます。ディズニーランドの株券を買い占めて中国の海賊版業者に売り払うとか、発想が素敵ですよね。お涼さまの嫌がらせの才能は天才的です。あと半漁姫とシソデレラがツボに入って笑い転げてたので、隣にいた友人は不信に思っていたかもしれません。
[PR]
by mizuao | 2007-12-28 19:54 | 本(著者タ行)

大和田秀樹「超大魔法峠」

 今月のLaLaを読んでびっくりしました。優姫もヴァンパイアだったんですね。あんなにかわいい子が人間のはずないと思ってましたよ。ついでに言えば運動神経の良さにも納得です。あと枢様のロリコン疑惑がシスコン疑惑に変わりました。幼女に優しい人は好きなのでどっちでもいいのですが。

大和田秀樹「超大魔法峠」
 誰が好きかと言われればかわいそうな姉御でしょうか。遊園地といい体育祭といい、もう苦労人が染み付いて離れません。でもなんだかんだ言いつつ、結局「フッ、今年の体育祭は少々荒れ模様だぜ!!」と言い放つ男気が好きです。
 あと単品としてはカンニングの回が面白かったです。清清しく万策尽きたわとか言う悪魔の姿も珍しいですし、ニイタカヤマノボレとトラトラトラで笑いました。あれでその暗号にはならないだろうと。
[PR]
by mizuao | 2007-12-25 19:46 | 漫画

大和田秀樹「大魔法峠」

 WA5がところどころに過去のキャラが登場するのが面白いですね。初めはロディ君が出てきて一人できゃーきゃー騒いでましたが、その後も続々と出てきます。ギャロウズとかは正直あまり興味はないんですが、リルカとかラクウェルが出てきたのは嬉しかったです。

大和田秀樹「大魔法峠」
 友人から借り物。異界から降りてきた魔法少女に、スケ番はまだ分かります。でも魔法少女の友達(本人がどう思ってるかはともかく)が鉄子というのは新しいと思いました。あと魔法のステッキが三節棍になったり、主人公が関節技マスターだったりするのも斬新だと思います。少年漫画とかだと打撃系が多いのに、ここまで関節技で見せる作者がすごいです。
 友人の家で聞かされたこれの主題歌がいまだにトラウマです。隣りで嬉々として歌われたら、そりゃ怯えたくもなりますよね。
[PR]
by mizuao | 2007-12-24 19:46 | 漫画

小林義行「やさしくわかる歯車のしくみ」

 今日は父親に付き合って家から20kmちょいの長距離散歩に行ってきました。せいぜい150m足らずの鎌倉と横浜の山じゃ高さはたいしたことありませんが、さすがにほとんど休まず6時間以上はきついです。頭が真っ白になって色々考えられるかと思いきや、父親ががんがん話し掛けてきて、考えがまとまりやしません。父とくだらない話をしてるのは好きなんですけどね。カワセミをカワセミとして初めて認識できたのが今日の収穫です。

小林義行「やさしくわかる歯車のしくみ」
 モチーフとして歯車とかネジとかが好きなのは、WAの影響でしょうか。それともMissingか。歯車のあのウニョウニョカーブがたまらないんですが、インボリュート曲線って言うのですね。歯車がかくかくでなく、なぜ曲線になっているのか勉強になりました。歯車が磨耗に耐えるようにねじってみたり、磨耗が激しいと予想される部分に強い素材を使ってみたり、工業製品ならではの工夫がすごいです。モーターのギヤ比が半端なのも、同じ箇所に負担がかからないようにするためだったんですね。
[PR]
by mizuao | 2007-12-22 20:02 | 本(著者カ行)

甲田学人「断章のグリム Ⅵ」

 なんとか卒論の誤字脱字チェックも終わりました。あとは明日出力するだけです。とは言ってもうちに帰るまでが遠足だ・・・のレベルで明後日提出するまでは安心できませんが。とにかく今まで疎かにして見ないようにしてたことを、少しずつやってかなくてはなりません。

甲田学人「断章のグリム Ⅵ」
 私の大好きな鬱シリーズ。今回の話は断章の方で一番怖かったでしょうか。愚かで臆病な赤ずきんに、自己犠牲でヒーローになることを望む少年、少年に憧れ少年の夢を体現した少女と、素敵な配役でした。甲田さんは思春期の歪みを描くのが上手いと思います。自分と似たものを感じる登場人物たちが次々と殺されていくのに慣れて、最近かえって楽しみになってきました。私の偏見ですが、甲田さんを愛好している人は自分の歪みを楽しめる人だと思います。
 今回のギロチンの方は狂人度が高かったですね。暴走具合が凄まじいです。せっかく反省しても即座に周囲に影響されてまた暴走し始めるところが大好きです。Missingの詠子さんとはまた違った狂気ですが、純粋で独善的なあたりは似てるかもしれません。風乃さんも狂人ですが、彼女は悪意に満ち満ちてますし、狂人にもいっぱい種類はあるものです。あと雪乃さんは今回もかっこよかったです。
[PR]
by mizuao | 2007-12-20 00:34 | 本(著者カ行)

卒論書き終わったら

 いっぱい引きこもるんだ。
 WA5やるんだ。
 エルフェンリート見るんだ。
 KURAUを見直してもう一回泣くんだ。
 友達誘って飲むんだ。
 猫を愛でるんだ。
 勇気を出すんだ。
 兄貴のPCで遊ぶんだ。
 江ノ島まで歩きに行くんだ。
 気が向いたら稽古行くんだ。
 年賀状書くんだ。
 就職後に備えて勉強するんだ。
 10枚以上指定の正月明けまでのレポート書くんだ。
 就職先からの課題その1をやるんだ。
 就職先からの課題その2をやるんだ。 
 
[PR]
by mizuao | 2007-12-13 00:14

都築真紀、長谷川光司「魔法少女リリカルなのはA’s 」

 兄が誕生日とクリスマスプレゼントを兼ねて、WA5を買ってくれました。レントン教授と迷ったんですが、今回はこっちにしてもらいました。明日余裕があったらおまけDiscの水樹さんを見て癒されたいです。

都築真紀、長谷川光司「魔法少女リリカルなのはA’s 」
 しばらく前に見つけた掘り出し物。なのは達やら八神家やら色々でてきて忙しいですが、その分癒し要素が凝縮されています。本編の補完ストーリーのような扱いだと思いますが、フェイトの学園生活が微笑ましくてしょうがないです。あとリインフォースを失って悲しむはやてを慰めるなのはとフェイトの図が感動的すぎて狂おしいです。そして今やっと表紙にユーノがいたことに気付きました。
[PR]
by mizuao | 2007-12-10 23:56 | 漫画

三多摩郷土資料編集会編「地域資料入門」

 兄貴が新しいパソコンを買いました。私が使ってるのがMe、兄のが2000でしたから、一気にすごい進歩です。新しい玩具を目の前にして、思わず設定を手伝ってしまいました。でもさすがにインターネットの設定やるのは面倒なので逃げようかと思います。

三多摩郷土資料編集会編「地域資料入門」
 私の論文の中核をなす本です。春からお世話になりっぱなしなんで、いい加減買えよと自分で思いつつ、結局最後まで図書館から借りて粘ることになろうと思います。実際地域資料について体系的にまとめている本は少ないので、多分今後数十年は地域資料をやる人はみんなこれを使うのでしょう。
[PR]
by mizuao | 2007-12-09 20:52 | 本(外国人・その他)

椎名あゆみ「あなたとスキャンダル3~5」

 卒論提出まであと二週間となりました。どれほど苦しもうが手を抜こうが、あと二週間で解放される訳です。でも今うっかり体調崩したりなんかしたが最後リセットがかかって、就活からやり直しな訳です。…せめて今はざわっちの初々しさにしばしの休息を求め、ちょっとでも卒論を進めたいと思います。卒論書き終わったら、WA5やって水樹さんの声を聴くんだ。

椎名あゆみ「あなたとスキャンダル3~5」
 もっと長々と、新を選ぼうか芹香さんを巻き込もうか友香が悩み続けるのかと思ってました。意外に早く決着がつきましたねー。芹香さんの引き際がかっこよかったです。もっとも芹香さんは全く押してなかったんで、引き際とは言わないのでしょうが…。なかなか新のもとに行けない友香の背中を押して、”ふられちゃったよ 損な役”とか、いい人すぎて憧れます。
 一方新の方も女々しいオルゴールとか渡してなきゃ、ケイ君並の空気が読める男として讃えてみたんですけどね。まあでも前半中盤とあまりに不幸すぎたんで、幸せになってくれてよかったです。友香は…最後はもう好感度がマイナスの上限に達してました。
[PR]
by mizuao | 2007-12-07 16:34 | 漫画