恩田陸「木洩れ日に泳ぐ魚」

 今日は従兄弟の結婚式でした。あいにく私は仕事で行きませんでしたが・・・。美形な従兄弟の晴れ姿を拝みたかったので残念です。色々と苦労してきた人なので、幸せになってほしいものです。

恩田陸「木洩れ日に泳ぐ魚」
 久々に恩田さんを読みました。内容は、過去起きた事件を主人公たちが話し合い、次第に真相が浮き上がっていくというもの。恩田さんお得意の手法でしょうか。野菜やら油やらが詰まったスーパーのレジ袋の重みを生きていると表現し、カップ麺を詰めた軽い袋と対比させる、こういう表現のうまさはさすがだと思います。
[PR]
by mizuao | 2009-02-15 22:50 | 本(著者ア行)
<< 司馬遼太郎「街道をゆく 15 ... 飴村行「粘膜人間」 >>