アサウラ「ベン・トー 3」

 今日のお昼はコッペパンで済まそうとしたら、見事に仕事が終わるころにエネルギー切れを起こしました。今日はいい感じに繁盛していたので始終動き回っていたのですが、それなのに指先がどんどん冷えていきます。おそろしい。

アサウラ「ベン・トー 3」
 スーパーでそんなに変わったおいしそうな弁当を見たことがないのですが、大手の画一化されたところにしか行かないからでしょうか。巻を増すごとに着実に長くなる弁当名は、どこに着地するのか分からない楽しみがあります。豚ロース輪舞チーズカツ弁当がとてつもなくうまそうです。私の昨日の夕飯のスペシャルのり弁当(50円引きシールがついて350円)に比べてなんとも魅力的です。まあ昨日のあれも、ごはんの2/3を占める海苔、その左は昆布がかぶさり、右側は余すことなくおかか、それにきんぴらとなかなか工夫された品ではありました。
 大真面目に馬鹿をやるというこのノリは大好きです。主人公の妄想・回想小エピソードとか、いちいち腹抱えて笑います。ただ惜しむらくは白梅会長の出番が少なかったこと。というか白粉との絡みがなかったことです。白梅による白粉看病シーンがありと終盤まで信じて疑いもしませんでした。まあ白粉単品はまたマッスルネタで大ハッスルしていましたけど。佐藤が自らの犯した痛恨のミスについて気づく日が楽しみです。
 しかしベン・トーが「このラノ」に入ってアサウラさんの作品が読み続けられるのは大変嬉しいのですが、そろそろ「バニラ」のようなガンアクションが読みたくなってきました。学校の屋上、二人の力を合わせ、スナイパーライフルで最後の一撃を放つ二人はアサウラさんの作品の中一番感動したシーンです。自分で自分気持ち悪いと思うレベルで気持ちが盛り上がりましたね。ちょっとコアすぎるかもしれないと思って友人に布教はしてなかったんですが、やはりこちらも読んでおくべきでした。
[PR]
by mizuao | 2009-01-24 23:03 | 本(著者ア行)
<< トンケ・ドラフト「ふたごの兄弟... 早川書房「SFマガジン 200... >>