あさのあつこ「ヴィヴァーチェ」

 働き出してしばらく、めったに夢を覚えていることがないんですが、ここ一週間はインパクトのある夢を見ました。まず家に核爆弾が届けられ、慌てて解体しようとする夢。結局人類は滅亡しました。実に爽快な目覚めです。それと、高校に転校生がやってきて、縄張り意識からその転校生に喧嘩を売る夢。私の性格からして、まずありえないですよね。小学校の4、5年までは狂犬のようによく人を殴ってましたが、今では考えられません。なんとか直接殺意をぶつけるのはたえれるようになりました。

あさのあつこ「ヴィヴァーチェ」
 初あさのあつこです。不幸な境遇ながら自らの才覚で成功していく少年の話なはずなんですが、1巻は微妙なところで終わってしまいました。これから何かが起きるぞ、という期待はありつつも、あっけない終わり方です。
[PR]
by mizuao | 2008-12-21 00:53 | 本(著者ア行)
<< 東野圭吾「探偵ガリレオ」 木村紺「からん 1」 >>