大和田秀樹「超・超・超・大魔法峠」

 久々に遊戯王を見ました。そもそも主人公が遊戯ではない。お前誰だという感じです。なんかラスボス戦ぽかったのですが、やってることはあいに変わらずカードゲーム。連載の前半は結構色々なタイプのゲームをやってたと思ったんですが、結局ほとんどあの変な篭手をつけてるところしか思い浮かびません。

大和田秀樹「超・超・超・大魔法峠」
 借り物。中身を読んでなかったら、まず表紙が可愛いと思ったんだろうなと思います。女の子たちが3人がじゃれていて、なんとも微笑ましいではないですが。・・・でも、ぷにえが鉄子にチョークスリーパーかけようとしてるようにしか思えません。
 今回一番笑ったエピソードはパヤたんとエクレアのやつです。ピーチ姫から手紙がきたマリオから、一気にハードボイルド的展開に。・・・考えてみればマリオってすごい律儀ですよね。やってるのがパヤたんでなかったら、シリアスな話のはずなんですが、パヤたんが渋い顔してるだけでギャグになります。
[PR]
by mizuao | 2008-03-05 22:19 | 漫画
<< アサウラ「ベン・トー サバの味... 城平京・水野英太「スパイラル・... >>