今田絵里香「「少女」の社会史」

 WA5をクリアして思いましたが、ループネタはずるいです。うっかりアブリルをアナスタシアの衣装のままにしていたので、TFシステムを止めに走るアブリルが英雄アナスタシアとかぶって涙腺が緩みまくりました。あとExファイルのキャラクター図鑑にやるせないにゃ状態もしっかり入っているのが心憎いです。

今田絵里香「「少女」の社会史」
 勉強になりました。女子が「少年」から切り離され、「少女」として確立されていく過程の話が面白かったです。学歴が立身出世につながらない女子であるからこそ、芸術を謳歌する女学生が生まれたというのに納得しました。通わせる親の方としても一種のステータスのようなものだから、教養を身につけることを許したんですね。
[PR]
by mizuao | 2008-01-29 23:07 | 本(著者ア行)
<< 米澤穂信「さよなら妖精」 稲垣恭子「女学校と女学生」 >>