荻尾望都「左手のパズル」

 明日から母の実家です。母が成田山まで着物で初詣に行くと張り切っているので、私まで巻き込まれないか不安でしょうがありません。

荻尾望都「左手のパズル」
 絵本です。ただし文が萩尾さんんでイラストが別の人なんで、なにか変な感じがします。耽美な絵柄なんで、話そのものとは違和感がありませんが。話は24年組の一言で説明できそうです。
[PR]
by mizuao | 2007-12-29 22:36 | 本(著者ア行)
<< 水樹和佳、海のほとりの王国で… 田中芳樹「水妖日にご用心」 >>