河田雄志,行徒「学園革命伝ミツルギ 1」

 ケーキを作っていたらレモン汁が余ったらしく、カクテルを作るように命じられました。毎度レモン汁→カクテルと発想が行く、母親の脳回路が素敵です。もうその回路は生涯潰れることのない強固さを誇っていると思います。
 今日は使うように頼まれた洋ナシ酒とレモン汁に、コアントロー、桃の酒を混ぜ適当にシェイク。一口飲んだだけで胃が焼けつく代物が出来上がりました。てっきり20度くらいだと思ってた洋ナシ酒が40度越えを誇る蒸留酒でした。

河田雄志,行徒「学園革命伝ミツルギ 1」
 ギャグ漫画です。前にRUSHという雑誌で目にして、気になっていたのでとりあえず一巻を購入。主人公達が生徒会メンバーであるというのはわりとありがちな設定ではありますが、彼らの個性がひどすぎます。たまにいい話とかが混ざっている訳でなく、ひたすら無為な時間か生徒が被害に会う話が続いています。会長の並外れたナルシストぶりも好みでしたが、中二階堂の並外れた変態ぶりが気に入りました。あそこまで突き抜けていればいっそあっぱれです。
[PR]
by mizuao | 2007-11-22 22:09 | 漫画
<< 田中芳樹「アップルフェルラント物語」 高田崇史「QED 熊野の残照」 >>