大崎梢「サイン会はいかが?」

 このぐらいの季節、夜風呂上りにベランダに立って、ぼけっと外を眺めているのが好きです。しとしと降る雨に、アスファルトと土の湿る匂いが混じり合って、至福の一時です。

大崎梢「サイン会はいかが?」
 本屋さんが探偵をする話第三弾。今回はまた短編集に戻ってました。面白かったのは、「ヤギさんの忘れもの」ですかね。子供用の絵本に、ページごとに封筒がついていて、その中に手紙が入っているものがあります。それを使ったミステリー。犯人に全く悪気がなかったので、ほのぼのとしたお話になってました。その前の「サイン会はいかが?」が少々殺伐としていたので、つり合いがとれてました。
[PR]
by mizuao | 2007-07-11 10:10 | 本(著者ア行)
<< 渡瀬草一郎「空ノ鐘の鳴り響く惑... 山田宏尚「図解雑学 コンピュー... >>