恩田陸「木曜組曲」

 世間とは狭いもので、同じ企業の同じ職種に、高校の友達も内定をもらっているそうです。その子はまだ就活を続けているらしいのでどうなるかは分かりませんけど。もし一緒になったら心強いなーと思ってしまいます。しかしあそこの企業も、よっぽどウチの高校好きなんですかねぇ。

恩田陸「木曜組曲」
 突拍子もない超展開にはなりませんが、結構この話も好きです。多分読み返すのは5、6回目ですかね。なにかしら物を書く仕事をしている女性4人が集まって、ひたすらおいしい料理を食べながら話しているだけなんですが、辛辣な人たちばっかりなので面白いです。
[PR]
by mizuao | 2007-05-31 20:06 | 本(著者ア行)
<< シュリーマン「古代への情熱」 阿達直樹「昆虫の雑学事典」 >>