阿達直樹「昆虫の雑学事典」

 小学校・中学校の同級生がついに歌手デビューだそうです。元々芸能活動をするためとかで中学で出て行ってしまって、その後ぽつぽつとしか音沙汰を聞いていなかったんですがすごいです。映画の主題歌を歌うそうで、今渋谷に巨大ポスターが出てるとか。試みに公式サイトをのぞいてみたら、あいにかわらず美人さんですねぇ。顔の美醜には好みがあると思いますが、私の学年で確実にベスト3には入っていたでしょう。常にぽわぽわした笑顔が印象的な方でした。

阿達直樹「昆虫の雑学事典」
 フルカラーで光沢紙。電子顕微鏡だと白黒なのが悲しいですが、他は綺麗ですね。しかし、これの筆者の趣味が甲虫系にあるらしく、色数の豊富な蝶とかは出ていません。
 昆虫系で面白い話はないかと読んでたんですが、雌雄モザイクというのが面白かったですね。左右でオスメス違ったり、頭だけメスだったりする個体の写真がたくさん載っています。左右で違うのはかなり差があるので私にも分かりますが、頭だけとかは素人には区別がつかないと思います。
 あとゴライアスオオツノハナムグリは頑張ってますね。擬態なんですが、ちゃんと背中の模様が鳥に見えてます。かわいい。
[PR]
by mizuao | 2007-05-28 23:38 | 本(著者ア行)
<< 恩田陸「木曜組曲」 石黒達昌「冬至草」 >>