吉田秋生「ラヴァーズ・キス」

 ほどよく体が疲れて、今晩はよく寝れそうです。助かりました。
 私は人形が苦手です。ぬいぐるみはかわいいと思うけど、人形は無理。あの人形もきわどいところで、私の中で怖い判定が出ました。もう少しグロかったり、もう少し違うものだったら爆笑したんですが、絶妙に私が怖がる領域に入ってました。

吉田秋生「ラヴァーズ・キス」
 友人から借り物。櫻の園より、こっちの方が好きです。傍から見て幸せそうでも、皆なにしら問題を抱えていて、悩んでいる・・・。同じ出来事を複数の登場人物に語らせるとういう方法を取っているこの作品だからこそ、余計にそう感じるのでしょうね。
 一話、二話における、藤井に対する美樹の反発具合とか、鷺沢の一貫していない態度とか、あとになると納得できます。まあ、元々その手のフィルターかかっている人間にしてみると、二人ともはじめからそういう人たちに見えますけど。
 登場人物の中では、ダントツで鷺沢がかわいいですよね。女性陣がみんなして太いので、鷺沢の純情っぷりが目立ちます。好きな人の前で、”Je te veux”なんか弾くあたり、もうかわいくてしょうがない。 
[PR]
by mizuao | 2007-05-17 22:52 | 漫画
<< カート・ヴォネガット・ジュニア... 深見真「疾走する思春期のパラベラム」 >>