冴木忍「星の大地 2、3」

 気晴らしにピアノを触っていたら、FFの楽譜が目に入ったので、数年ぶりに弾いてみました。若気の至りですね。こんなもの買ってたなんて。とは言いつつも、やっぱいい曲多いよなぁと悦に入ってました。Ⅷ関係の曲を弾きつつ思ったんですが、今なら私はリノアを好きになれるかもしれません。当時はスコールっ!!とか来る度に鳥肌が立っていましたが。

冴木忍「星の大地 2、3」
 読んでる最中に、なんか似たような雰囲気の話を知っていると思ったんですが、やっと分かりました。「風の大陸」だったんですね。あれも地震だったかその手のものから民を救おうと頑張る話です。それにラクシとアゼルも似てるような気がします。ティーエもマリクみたいに、少々浮世離れして、抜けているし。しかし、「風の大陸」も災害は止められないのだと思いますが、ここまで救いようのない終わり方はしてないんでしょうね。「星の大地」は最後人殺しすぎです。主要人物が片っ端から消えていきます。最後の数十ページを差し替えれば、一応立派なハッピーエンドになるだろうに、作者のこだわりですね。きっと。
 悪い人が実はいい人だったというのはパターンですが、ザヴィアさんは最後まで偽悪を貫いてますよね。佐山の姓(かばね)は悪役を任ずでしたっけ。彼を思い出しました。確かにかっこよかったです。
[PR]
by mizuao | 2007-05-09 22:07 | 本(著者サ行)
<< ばらシィー「苺ましまろ 5」 オスカー・ワイルド「サロメ」 >>