秋田禎信「魔術士オーフェン無謀編5 あきれてものも言えねえぜ!」

 企業のエントリーシートで「あなたが大学時代に身につけたジブン力はなんですか?」という項目がありました。「~力」と入れて説明するようになっていて、さっきから何を入れようか真剣に考えてるんですけどね・・・。
 ・・・一度「無気力」を思いついたら、それ以外に自分を表す言葉が浮かばなくなってしまいました。

秋田禎信「魔術士オーフェン無謀編5 あきれてものも言えねえぜ!」
 「存在の引き算」。なんてすごいようで馬鹿っぽい力なんでしょうね。どんどん力が増しているのに、それに合わせてどんどん見た目はしょぼくなっていく・・・。いくら強くなっても、自分が輪ゴムとか綿ぼこりとかになるのは嫌です。決してまねしたいとは思いませんね。
 あとコンスタンスって、いつまで首の皮一枚で繋がっているんでしょうね。
[PR]
by mizuao | 2007-02-07 20:07 | 本(著者ア行)
<< 秋田禎信「魔術士オーフェン無謀... 山本弘「まだ見ぬ冬の悲しみも」 >>