秋田禎信「魔術士オーフェン無謀編2-4」

 下の代のスパルタ稽古が本気でやばそうです。あぁやだ。強化された後輩たちに、追い出し稽古でたっぷりかわいがられるのかと思うと、真剣に逃亡を考えたくなります。

秋田禎信「魔術士オーフェン無謀編2-4」
 この前は深く考えませんでしたが、オーフェンってすごく可哀想な人だったんですね。牙の塔時代に育まれた受けの才能が身を結び、外で悪ぶってみても結局は受け体質。せっかくの口の悪さも、マギー3姉妹やらキースやらのマイペースに巻き込まれて全く効果がありません。その背景に同じ文化を共有してはじめて、コミュニケーションが可能だということをつくづく感じさせられます。本編の方はどうだか知りませんが、特殊技能:疫病神を引き寄せること、というのがオーフェンの印象です。
 新しく出てきたキャラクターとしてはキースがいいですね。あの相手の言葉を流して、全て自分の都合の良いように解釈する技術を是非マスターしたいです。今年の抱負はこれでいいや。
[PR]
by mizuao | 2007-02-04 23:22 | 本(著者ア行)
<< 鈴羅木かりん・竜騎士07「ひぐ... 大崎梢「晩夏に捧ぐ」 >>