内田善美「草迷宮・草空間」

日本人形が動いて喋るんだから、一歩間違うと怖い話。この話の日本人形、ねこは純粋で小生意気でかわいいですけど。
主人公の草はある日ねこを拾います。動く人形であるねこも変なら、拾い主の草もかなり浮き世離れしてます。それこそリドルのヒューレベルには。私が好きなタイプです。

死んだものの魂が空に上るのなら、いつかその魂は雨に溶け込んで落ちてくるだろうか。…綺麗な発想です。この方の作品の登場人物は、時々すごくはかなげな目をします。現実にもたまにそういう人はいるけど、この描写がすごく上手いんですよね。
[PR]
by mizuao | 2007-01-02 22:01 | 漫画
<< 大島弓子「綿の国星」 萩尾望都「続・11 人いる!」 >>