林家志弦「はやて×ブレード 5」

 朝日の夕刊に桜庭一樹さんが出てました。あとがきなどから、もっとゴツイ感じの人を想像してたので意外でした。

林家志弦「はやて×ブレード 5」
 今回表紙がイレギュラーです。はやても綾那も、009制服じゃなくて私服です。それにしても、また綾那はなんて服着てるんでしょうねぇ。うずらTシャツもどうかと思いましたが、このTシャツは全く意味不明です。釘バットもそろそろデフォルト化しそうです。今に、試合中刀を抜いたつもりが、手に持ってたのは釘バットとかいうことになってそうです。
 お話は前半から中盤にかけてはひつぎさん達の試合で、後半は学園祭の前振りのようです。
 なんか会長たちの試合は、ひつぎさんの剣の舞が笑いどころなんでしょうが、光GENJIは私の世代だと分かりません(泣) が、ひつぎさんのバックのスケートの人達で、なんとなく雰囲気は掴めたと思います。踊って回って戦ってる会長、素敵じゃぁないですか。アクションは、静久二刀流の強さと速さが良く伝わってきました。最後みのりの長刀を捌きながら持ち上げてぶん投げるところ、「どっせーえい!!!」とか言わなきゃカッコよかったと思いますよ。
 学祭準備の方は、じゅんじゅんが最高です。じゅんじゅん製作メイド服が、予想をはるかに上回るいやらしさです。ワンピースの水着を極限までカッティングし、ひらひらをつけたというもの。綾那には変形バニースーツ言われてますが、どことなくガルデローベの水着を思い出します。これを着る綾那の図が見られるのかなぁと思ったら、それは綾那の切り札のために回避されてしまいました。じゅんじゅんのヘタレっぷりがまた潔いです。
 しかしクラスの出し物の7割がメイド系って、どういう学校なんでしょうね。
 
[PR]
by mizuao | 2006-07-27 19:30 | 漫画
<< 馬場あき子「鬼の研究」 ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・... >>