天野こずえ「ARIA 1」

 実習先が無事決定されました。私は浦安に行ってきます。色々プレッシャーを感じる場所ではありますが・・・・浦安市猫実って、もしや女神さまの舞台じゃねぇっ?と思った時点で思考がプラス方向に転化しました。でもあっちはねこみだしなぁ。海が近い点では似てそうだが。

天野こずえ「ARIA 1」
 雰囲気アニメと言われようが、雰囲気が楽しめれば十分だという私には全く問題ありません。日常生活でささくれだった心を癒すには、こういうほっとするような漫画が一番です。恥ずかしいセリフも耳に心地よく感じられ、ベネチアに旅立ちたくなります。まあ実際のベネチアは、ネオ・ベネチアのようなどこまでも美しい、やさしい街でないのは分かってますが、幻想は抱いた者の勝ちです。
 
[PR]
by mizuao | 2006-06-16 22:27 | 漫画
<< 大澤正雄「公立図書館の経営」 伊藤左千夫「野菊の墓」 >>