乙一「くつしたをかくせ! 」

乙一「くつしたをかくせ! 」
 児童向けの絵本。薄かったんで図書館で立ち読みしてきました。児童向けとか言いつつ、確実に子供が読んだら混乱しそうです。いや、児童用じゃなくて一般の書架にあったから、はなからそのつもりなのか。しばらく前から流行の大人向けの絵本ってやつですかね。
 クリスマス前に、サンタが来るぞ、靴下にいたずらされるぞといって、子供たちが靴下を隠そうと奔走します。海の底に靴下を沈めたり、砂掘って隠したり、人形の足に履かせてみたりと、健気な努力をする子供たちです。子供たちのそんな努力にもかかわらず、いざクリスマスになってみると、なぜか靴下にはサンタからのプレゼントが入ってます。まあ恐ろしいとかいって恐れおののく大人たちを尻目に、でも良いものをくれたよ?とかいって喜ぶ子供たち。おちなしやまなし意味不明。さすが乙一という感じ。
[PR]
by mizuao | 2006-06-08 14:33 | 本(著者ア行)
<< 藤崎慎吾「ハイドゥナン 上下」 菅原通済「通済一代上下」 >>