恩田陸「禁じられた楽園」

恩田さんの話はやっぱ面白いと思いました。これも何か特に心に深く訴えるものかある訳じゃないですが、山中の薄気味悪いインスタレーションを体験していく後半部はテンポ良く一気に読むことができました。インスタレーションはほとんどホラーハウス化していて、バイオのゾンビか出てくるタイミングで色々出てくるので恐くてたまりません。そして最後のぶっとんだSFオチも、読者そっちのけで突き進んでてよかったです。
読んだ後ふと思い出せば、これは恋人の友達と行方不明の恋人を探しに行く話なんで三月に連なる話でした。
[PR]
by mizuao | 2006-02-26 20:40 | 本(著者ア行)
<< カズオ・イシグロ「日の名残り」 京極夏彦「嗤う伊右衛門」 >>