小川一水「第六大陸2」

昨日バイトまで一時間ほど暇だったんで横浜のヨドバシカメラ行ってきました。6階おもちゃ売り場でクリスマスプレゼントと冬休み用ゲームを購入。金銭的事情でキンダムハーツは断念して、方向性としては180度真逆に行って斜め下に突き落としたようなゲームを買いました。このゲームには暴力的シーンやグロテスクな表現が含まれています。とか・・・CERO18じゃないだけましですが。まあベスト版で2000円しなかったので今の財政状況にはもってこいでした。キンダムハーツⅡは安くなったら買います。FFキャラのために。

小川一水「第六大陸2」
結構順風満帆に進んでいた計画も、出資会社の社長であるヒロインの父親の嫌がらせにより危機に陥ります。やっぱ金は大事ですね。スポンサーがいないと宇宙開発はおろか技術の発展も望めません。結局ヒロインと父親が感動的に(多分)和解することで金策がつき、月面基地を作る計画は続行され最後には結婚式場が完成します。
この話で私が気に入ったのは、単に月面基地についてだけでなく、最後に地球に接近してくる地球外生命体の存在も示されたことです。話が大きければ大きいほど面白いというのが私の基準なんで、是非この話の続編で主人公たちと宇宙人達の交流の話とかも書いて欲しいです。
[PR]
by mizuao | 2005-12-20 20:52 | 本(著者ア行)
<< 高里椎奈「フェンネル大陸偽王伝... 小川一水「第六大陸1」 >>