小川一水「第六大陸1」

昨日は納会で、昼間の三時から酒飲んでました。いいのかこれで、と思いつつ同期の子と日本酒飲んでました。やっぱ寒いときはビールとかサワーとかより、熱燗が暖まります。

小川一水「第六大陸1」
今からもう少しだけ未来の話で、日本の民間企業が月面に基地というか結婚式場を建てる話です。ロケットの積載量の話とか、月の土壌の話とか細かい説明を聞いていると本当に遠くない未来に月面基地とかができそうな気がします。問題はやっぱり金を出してくれる所がないわけで。この話では、アミューズメントパークの会長さんが金出してますけど、実際はそうもいかないだろうと思います。国とか金持ってるところが事業を起こすにしても、実際予算はどんどん減ってる状況みたいですし。それに今住む地球の環境整備を後回しにしてまで宇宙に行く意味があるのかと問われると、確かに苦しいものがあるのだと思います。私自身はある作家さんの言っていた「生命は海から誕生し、安全なはずの海を離れ陸に上がった。そして人間は大気に包まれた陸を離れ宇宙に出ることができた。(うろ覚え)」ってのが気に入ってますので、宇宙開発はどんどんやってほしいと思いますが。
[PR]
by mizuao | 2005-12-19 12:34 | 本(著者ア行)
<< 小川一水「第六大陸2」 梨木香歩「西の魔女が死んだ」 >>