恩田陸「麦の海に沈む果実」

昨日の宇都宮までの日帰り旅行のせいで体がグタグタです。2限出席とらなかったからさぼればよかったと思いましたが、しょせん小心者の私に必修がさぼれるはずがなく…。
大会は、私のペアは三位に入ることができました。なんとか賞がもらえて良かったです。一年は最優秀賞、三年生も女子ペアが最優秀賞、主将さんは杖で入賞と、他の学年もすごかったです。団体自由も賞とれてましたし。指導くださった先輩方や、応援してくれた同期、後輩たちにも感謝です。ペアの相方にも、大会に誘ってもらったり、へこんでる時に慰めてもらったり、すぱらしい受けを取ってもらったり、さんざん世話になりました。ありがとう。そしてしばらく休みたいです。休ませてください。あぁ、検索のレポートがまじでめんどい。

恩田陸「麦の海に沈む果実」
この前ヨハンの出てくる話読んでて、また読みたくなったので十数回目の読み直し。主人公の理瀬をはじめ、黎二とか、憂理とか私好みの屈折した人たちがたくさんでてきます。物語の舞台は湿原の中の閉鎖された全寮制の学園。閉塞感たっぷりの場所ですが、温室があったり、大きな図書館があったり個人的にはこんな学園で生活し、探検してみたいです。「墓場組」になるのはごめんですが(笑)
[PR]
by mizuao | 2005-10-24 12:42 | 本(著者ア行)
<< 山田正紀「ミステリ・オペラ 上... 乙一「夏と花火と私の死体」 >>