池田理代子「お兄さまへ…」

 正月中には星蓮船のノーマルクリアしようと思ったはずが、星ちゃんどまりです。何がきついって、UFO要素の追加が辛い。エクステンドがないんで、いかに巨大UFOを出すかが鍵になるはずのですが、道中動き回るミニUFOを貪欲に追い求めすぎて、どうでもいいとこで被弾します。
 点アイテム集めようと前に出て、門番のくさびに刈られたりとかしてましたが、今回はその比ではありません。宝船を追っていく話ですが、自らの欲深さで身を滅ぼしていくのがなんとも言えないですね。きっとそうこうしてるうちに白蓮さんに帰依したくなるのでしょう。

池田理代子「お兄さまへ…」

 親の本棚で、ベルばらとオルフェウスの窓に挟まっていたので読んでみました。GL論見てるとたまに聞く名前ではありますが、さすがですね。展開がはやく混沌としていて、私ですらどん引く内容でした。性倒錯のサラダボール。
 まず一話目にして薔薇しょってるキャラがたくさんでてきて名前が覚えられません。髪が黒いか白いか、長いか短いか、どれくらい巻いてるかで区別をつけるしかないようです。
 見た目的に一番好みなのはサン=ジュストさまでしょうか。心中しようとした人に裏切られ生きる意味を失い、死の影が凄みを与えている男装の麗人。どこかで聞いたような話だと考えたら旧白みたいな人でした。主人公をたぶらかしたあげく、実姉への愛が重すぎて自殺。
 この人の姉でツインドリルが宮さま。プライドは高くハイスペックですが、日本刀振り回しながら歯の浮くような告白台詞吐いたりはしません。……でも主人公を襲ってましたね。自分の想い人から主人公を引き離したい→主人公を自分に惚れさせたらよくね?→よし、襲っちまえ。という常人離れした思考回路の持ち主。こんなのが生徒たちの憧れであるソロリティ(山百合会から生徒会機能を抜いた感じ)のトップな訳ですから、組織の腐敗具合がよくわかるというものです。民草を扇動してソロリティを解散させた薫の君は頑張りました。
[PR]
by mizuao | 2010-01-03 18:53 | 漫画
<< 東雲水生「初恋姉妹 1~3」 「タフの方舟 2天の果実」 >>