田中芳樹「アルスラーン戦記11」

予定外に授業が早く終わって、空き時間ができてしまいました。テスト返しだったんですが、かろうじて9割いってました。これで後期多少悪くても安心です。

田中芳樹「アルスラーン戦記11」
今年中に出るはずないと思っていたら、出てしまいましたねぇ。作者が作者ですから、また忘れているかと思いました。
10巻からの新キャラクターであるレイラがカンナさんを思い起こさせられ気に入っていたんですが、残念な結果となってしまいました。背ぇ高くてがたい良くて、性格が明るくてさばさばしている。これも私の憧れのタイプです。ですが、この巻頭のイラストは何でしょうか。もしや、この棒を振り回している筋肉質な青年はレイラでしょうか。この方のイラストは好きですが、レイラは私の頭の中ではカンナさんとダブっているので、もう少し女性らしい体型をして下さってい方が良かったです。
11巻全体としては、同時並行で起きていることを場所ごとに繋げた感じです。ただでさえ、国名が多くて、登場人物も多いですから、いちいち地図見ないと関係が思い出せないのが難点です。いや、私の物覚えが悪いのが原因なのは分かってますが。話がそこら中に広がりすぎて、それぞれの内容が薄くなっているかと思ったんですが、それなりに事件が発生してます。同じ腕輪を持つパルス出身三人娘の正体も気になりますし、来年には無事に新刊が発売されることを願ってます。
[PR]
by mizuao | 2005-09-26 14:13 | 本(著者タ行)
<< 加納朋子「ななつのこ」 村山 由佳 「天使の卵」 >>