平尾アウリ「まんがの作り方 2」

 海の見えるホテルでランチをしてきました。わりに格式あるというか古くからあるホテルの5階で、絶好のロケーション。桟橋に停泊する客船とか、橋×2とか堪能できました。窓際の席で、おいしい料理を食べて、まだ多幸感でいっぱいです。やっぱりある程度おいしいものを食べないと、生きる気力も湧きません。
 メロンと生ハムの組み合わせは好きなんですが、それプラス舌平目もよかったですね。メロンと舌平目の温度差が気にならないこともなかったですが、メロンの甘さと生ハムの塩っけは鉄板です。スイカに塩ふるとうまいのと同じようなもんでしょうか…。メインは眉かくしの霊を読んでて小鳥が食べたくなっていたのでウズラにしました。多分過去ウズラは食べたことなかったと思うんですが、そんなに癖は感じず、普通に食べられてしまいました。ただソースも結構こってりしてたんで、結構胃にきました。ソースがおいしくてパン食べまくってた私が悪いんですけどね。
 
平尾アウリ「まんがの作り方 2」
 バクマンの主人公達ががドロドロな世界で死ぬ気で漫画作ってるの見ると、こっちの二人がいちゃつきながら漫画描いてる緩さに癒されます。バクマンは実際に投稿しようと思ってる若人らの熱意を煽りそうですが、こっちは真剣に漫画を描きたい人の参考には全くならないでしょう。一応修羅場ってたり、人気なくて連載終わったりしてるんですが、緊張感がどこにもありません。素敵です。
 そもそも漫画を描こう→今人気なのは百合漫画→じゃあ自分も百合れば百合漫画が描けるんじゃん?→ちょうど告ってきてる子がいるから付き合おうか。というのが出だしな時点で、主人公の行き当たりばったり加減がうかがいしれます。とはいえ、もう2巻では付き合って一周年になっているようで、なんだかんだでナチュラルにいちゃつくようになった主人公たちに、にやにやしっぱなしです。ほんと電車の中で読んではいけませんね。
 
[PR]
by mizuao | 2009-08-24 20:53 | 漫画
<< 山川静夫「歌舞伎の愉しみ方」 天野こずえ「あまんちゅ! 1」 >>